auひかりのおすすめプロバイダを全8社比較!料金や速度など調査してみた

auひかりのプロバイダを徹底比較
  • URLをコピーしました!

本ページでは一部広告を掲載しております

この記事はこんな人におすすめ
  • auひかりはどのプロバイダを選んでいいか分からない
  • auひかりのプロバイダを変更したい
  • auひかりのプロバイダの料金を知りたい

結論、auひかりのプロバイダは「GMOとくとくBB」一択です。

なぜなら、「GMOとくとくBB」はキャンペーン総額が約13万円とプロバイダの中でも最も高く、料金や速度もトップクラスだからです。

しかし、単純に公式サイトからプロバイダを選んで申し込んでしまうと、約7万円ほど損します

この記事では、私が10年以上大手通信会社で働いてきた知識や経験を活かし、プロバイダ選びの秘訣から最もお得に申し込める方法を紹介します。

目次

auひかりのおすすめプロバイダを徹底比較

auひかりのプロバイダ8社の料金やキャンペーンや速度などを徹底比較した結果を紹介します。

その前に、auひかりのプロバイダは対応しているプランと対応していないプランがあるので注意してください。

auひかりの対応プロバイダ

ホーム
1ギガ
ホーム
5ギガ
ホーム
10ギガ

GMOとくとくBB

@nifty

@TCOM

Asahiネット

au one net
ビッグローブのロゴ
ビッグローブ
dtiロゴ
DTI
so-netのロゴ
So-net

マンションのプロバイダ全8社を比較した結果

マンションのauひかりの全プロバイダ8社と全ての代理店を比較した結果、「GMOとくとくBB」一択でした。

理由は、最もキャンペーンの特典合計額が高いことが大きな理由です。

マンションのauひかりのプロバイダ比較

←左右にスクロールできます→

順位申込窓口特典合計
(2年間)
内訳(2年間)必須オプション
キャッシュバック月額割引工事費割引ひかり電話割引
1位GMOとくとくBB127,650円・82,000円33,000円12,650円スマホ割適用時はひかり電話必須
2位ビッグローブ93,000円・60,000円33,000円スマホ割適用時はひかり電話必須
3位@TCOM73,000円・40,000円33,000円スマホ割適用時はひかり電話必須
4位so-net71,400円・17,222円54,178円スマホ割適用時はひかり電話必須
5位DTI71,000円・38,000円33,000円スマホ割適用時はひかり電話必須
6位au one net43,000円・10,000円33,000円スマホ割適用時はひかり電話必須
7位nifty30,000円・30,000円スマホ割適用時はひかり電話必須
8位ASAHIネット0円スマホ割適用時はひかり電話必須

戸建てのプロバイダ全8社を比較した結果

戸建てのauひかりの全プロバイダ8社と全ての代理店を比較した結果、こちらも「GMOとくとくBB」一択でした。

理由は、マンションと同じく最もキャンペーンの特典合計額が高い点が大きな理由です。

戸建てのauひかりのプロバイダ比較

←左右にスクロールできます→

順位申込窓口特典合計
(3年間)
内訳(3年間)必須オプション
キャッシュバック月額割引工事費割引ひかり電話割引
1位GMOとくとくBB142,500円・82,000円41,250円19,250円ひかり電話
2位ビッグローブ111,760円92,510円19,250円ひかり電話
3位so-net103,298円・14,154円69,894円19,250円ひかり電話
4位@TCOM81,250円・40,000円41,250円ひかり電話
5位DTI79,250円・38,000円41,250円ひかり電話
6位au one net61,250円・10,000円
・10,000円
41,250円ひかり電話
7位nifty30,000円・30,000円ひかり電話
8位ASAHIネット0円ひかり電話

auひかりの基本料金はどのプロバイダも一緒
auひかりの料金や提供エリアや契約期間などは、どのプロバイダを選んでも一緒です。そのため、auひかりを申し込むなら「どのプロバイダや代理店から申し込むか」が重要なポイントになります。

先程は、キャンペーン等を中心に各プロバイダを比較しましたが、今度は「実質料金」「実質速度」「オプションサービス」「支払い方法」について比較します。

詳しく知りたい場合は、下記をタップしてみてください。

実質料金を比較した結果を見る

実質料金とは、単なる月額料金や初期費用(工事費・事務手数料)だけでなく、キャッシュバックや月額割引等の特典や、スマホとのセット割引の割引額を全て含めて計算した料金です。

実質料金とは

実質料金=月額料金+初期費用+オプション料-スマホセット割-キャッシュバック等

マンションのauひかりのプロバイダ比較

GMOとくとくBBが最も安く、マンションは桁違いに実質料金が安いです。

順位申込窓口実質料金
(2年間)
キャンペーン月額料金初期費用
1位GMOとくとくBB実質無料8.3万円CB工事無料/光電話割引4,455円36,300円
2位NEXT17,016円8.0万円CB工事無料4,455円36,300円
3位NNコミュニケーションズ17,016円8.0万円CB工事無料4,455円36,300円
4位ビッグローブ37,032円6.0万円CB/3.3万円分月割4,455円36,300円
5位2537,032円6.0万円CB工事無料4,455円36,300円
6位@TCOM57,024円4.0万円CB/工事無料4,455円36,300円
7位so-net58,608円1.7万円CB/5.4万円分月割4,455円36,300円
8位DTI59,016円3.8万円CB/工事無料4,455円36,300円
9位フルコミット70,032円6.0万円CB4,455円36,300円

戸建てのauひかりのプロバイダ比較

順位申込窓口実質料金
(3年間)
キャンペーン月額料金初期費用
1位GMOとくとくBB76,6448.3万円CB/工事無料5,610円44,550円
2位NEXT98,2442.0万円CB/6.3万円分月割/工事無料5,610円44,550円
3位NNコミュニケーションズ101,4848.0万円CB/工事無料5,610円44,550円
4位ビッグローブ101,4848.0万円CB/工事無料5,610円44,550円
5位25110,98811.2万円分月割5,610円44,550円
6位@TCOM121,5006.0万円CB/工事無料5,610円44,550円
7位so-net141,5164.0万円CB/工事無料5,610円44,550円
8位DTI143,4963.8万円CB/工事無料5,610円44,550円
9位フルコミット157,7526.5万円CB5,610円44,550円
実質速度を比較した結果を見る

実質速度はプロバイダによって少し異なります。

ただし、後の「参考|速度はあまり重要ではない」でも解説しますが、実質速度はプロバイダを選ぶ重要なポイントではありません。

理由は、どのプロバイダも100Mbps程度以上は出ており、体感速度はほぼ変わらないためです。

マンション戸建て
下り速度上り速度下り速度上り速度
So-net330Mbps243Mbps556Mbps527Mbps
au one net285Mbps209Mbps484Mbps446Mbps
ビッグローブ234Mbps183Mbps538Mbps488Mbps
@nifty234Mbps183Mbps538Mbps488Mbps
GMOとくとくBB286Mbps155Mbps773Mbps771Mbps
DTI59Mbps54Mbps636Mbps561Mbps
ASAHIネット180Mbps156Mbps486Mbps416Mbps
@TCOM191Mbps166Mbps388Mbps387Mbps
※出典:みんなのネット回線速度
※2022年5月~7月平均
オプションを比較した結果を見る

オプションはプロバイダによって様々です。

ただし、後でも解説していますが、オプションはプロバイダを選ぶ重要なポイントではありません。

重要なポイントは、キャンペーン特典合計額になります。

プロバイダメールアドレス数メールボックス容量
GMOとくとくBB15個無制限
So-net4個無制限
@nifty1個5GB
ビッグローブ5個5GB
au one net5個5GB
DTI1個5GB
@TCOM1個無制限
Asahiネット1個無制限
支払い方法を比較した結果を見る

クレジットカードは全てのプロバイダで利用できますが、口座振替は一部プロバイダでは利用できません。

プロバイダ口座振替クレジットカード
GMOとくとくBB
So-net
@nifty
ビッグローブ
au one net
DTI
@TCOM
Asahiネット

auひかりのおすすめプロバイダは「GMOとくとくBB」一択

auひかりのおすすめプロバイダは「GMOとくとくBB」一択です。

GMOとくとくBBがおすすめな理由
  1. auひかりでは圧倒的な最安プロバイダ
  2. 最大82,000円の高額キャッシュバック
  3. 最大41,250円の工事費が実質無料
  4. ひかり電話が最大35ヶ月無料
  5. 他社乗り換えで最大30,000円キャッシュバック
  6. 高性能Wi-Fiルーターが無料
  7. auやUQモバイルとのスマホセット割で最大1,100円の月額割引
  8. 実質速度は500Mbps前後と業界トップクラス

基本情報

項目内容
月額料金
(プロバイダ込み)
集合住宅:4,455円
戸建て:5,610円
工事費集合住宅:33,000円
戸建て:41,250円
(実質無料)
事務手数料3,300円
通信速度最大1Gbps
提供エリア北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島
スマホセット割550円~1,100円
キャンペーン・最大82,000円キャッシュバック
・ひかり電話月額550円割引
・Wi-Fiルータ無料
・工事費無料
・最大30,000円の他社解約金負担
契約期間2年契約/3年契約/なし
違約金
※2022年7月から大幅に減額
集合住宅:2,290円
戸建て:4,730円
設備撤去費用
※撤去依頼しなければ0円
31,680円(戸建てのみ)
※撤去依頼しなければ0円

GMOとくとくBBの特徴としては、最大82,000円の高額キャッシュバックがることと、ひかり電話が最大35ヶ月無料であることが大きいです。

この「ひかり電話」は、auひかりを申し込むにあたって重要なオプションになります。

なぜなら、ひかり電話を契約することで、下記の4つの特典が受けられるからです。

ひかり電話の契約特典

集合住宅戸建て
キャッシュバック増額+10,000円もらえる+10,000円もらえる
工事費無料
※ひかり電話を契約してなくても無料
無料になる
スマホセット割引
(au/UQモバイル)
月額最大1,100円割引される月額最大1,100円割引される
au PAY 10,000円還元au PAY 10,000円還元
他社乗り換えキャッシュバック最大30,000円もらえる最大30,000円もらえる
※キャッシュバック特典を前提に記載

逆に、「ひかり電話」を契約しないと、上記の特典は受けられないため、特典を受けたい場合は「ひかり電話」を契約する必要があります。

そのため、ひかり電話が最大35ヶ月無料になるのはすごく大きな特典なんです。

下記の記事では、このような「GMOとくとくBB」の特徴や注意点など徹底解説しているため、必ず確認してから申し込んでください。

auひかりは代理店から申し込むほうがお得?
2024年3月現在、auひかりはプロバイダである「GMOとくとくBB」で申し込むのが最もお得です。GMOとくとくBBの次にお得なのは代理店NNコミュニケーションズや代理店NEXTです。詳しくは上記で紹介した記事をご確認ください。

auひかりのプロバイダの役割とは

auひかりのプロバイダは、光回線をインターネットに繋げる役割を果たしています。

例えば、自宅にauひかりの光回線を引いたとします。その後、ユーザーがパソコンなどでインターネットを利用するには、プロバイダーとも契約する必要があります。

プロバイダの役割
出典:BBIQ

ただし、最近では光回線を契約したら、自動でプロバイダも契約できるケースがほとんどです。

auひかりはプロバイダ不要?

auひかりでインターネットをするためには、プロバイダは必要です。

ただし、auひかりの申し込みに加えてプロバイダも申し込みする必要はありません。

auひかりは、auひかりの申込の際にプロバイダを選択するだけで、「auひかり」と「プロバイダ」を一緒に申し込み・契約したことになります。

auひかりのプロバイダの申し込みは不要

プロバイダの料金はauひかりの料金に含まれるの?

プロバイダの料金は、auひかりの料金に含まれます。

月額料金に含まれるものは下記の通りです。

auひかりの月額料金に含まれるもの

支払先契約先サービス
auひかり光回線事業者光回線回線利用料
機器レンタル料
プロバイダプロバイダ利用料

また、月額料金は「マンション」「戸建て」のプランによって料金が異なります。

auひかりの月額料金

居住形態プラン月額料金
マンションタイプG4,180円~4,510円※
タイプV4,180円~4,510円※
都市機構4,180円
都市機構G2,585円~4,180円
タイプE3,740円~4,070円※
タイプF4,290円
マンションミニギガ5,500円
マンションギガ4,455円
戸建てずっとギガ得
(3年契約)
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
ギガ得
(2年契約)
5,720円
標準
(縛りなし)
6,930円
※マンション内の利用者数によって変動

なお、auひかりはどのプロバイダを選択しても月額料金は変わりません

しかし、キャンペーンについてはプロバイダによって大きく異なるため、一番オトクなプロバイダで申し込みましょう。

一番オトクなプロバイダは「auひかりのおすすめプロバイダを徹底比較」で解説しています。

auひかりのプロバイダを選ぶ5つのポイント

auひかりで最高のプロバイダを選ぶためには、プロバイダが実施している「キャンペーン」に注目しましょう。

正直、auひかりの基本的な月額料金や工事費はどのプロバイダを選んでも一緒です。

そのため、プロバイダ選びで最も重要なのは「キャンペーン」やそれに関する条件面になります。

もう少し細かく解説すると、auひかりのプロバイダ選びで重要なポイントは5つあります。

逆に、プロバイダ選びで重要でないのは、下記の「実質速度」と「オプション」になります。

重要ではないポイントとして「実質速度」と「オプション」を挙げた理由を解説します。

実質速度は、100Mbps以上出ていればYoutubeもNetflixも快適に見れます。現状どのプロバイダも200Mbps~600Mbsp出ているためまったく問題ないんです。

また、オプションには、無料メールアドレスやセキュリティサービスがありますが、プロバイダのメールアドレスを利用しなくてもGmailがありますし、セキュリティサービスもウイルスバスター等のサイトに行けば月々500円程度で利用できるため、様々な代替サービスがあります

そのため、上記2つはプロバイダ選びではまったく重要ではないんです。

それではここからプロバイダ選びで重要なポイントを詳しく解説していきます。

① キャッシュバック額だけで選ばないこと

auひかりはキャッシュバック額だけでプロバイダを選ぶと失敗します。

なぜなら、プロバイダのキャンペーンは「キャッシュバック」だけでなく、「月額割引」「ひかり電話割引」など様々なキャンペーンがあるからです。

キャンペーンのトータル額で選ぶことが重要

auひかりのキャンペーン窓口の選び方

上記の通り、auひかりのプロバイダは「キャンペーンのトータル額」で選びましょう。

キャンペーンのトータル額のランキングを知りたい場合は「auひかりのおすすめプロバイダを徹底比較」を確認ください。

ひかり電話の割引キャンペーンは大事

ひかり電話は、「家には固定電話はいらない。。」という人も契約すべき重要なオプションになります。

なぜなら、ひかり電話を契約しないと下記のように特典を受けることができないためです。

ひかり電話を契約しないと…
  • スマホセット割が適用されない
  • 他社乗り換えキャンペーンが適用されない
  • 戸建ての場合は工事費が無料にならない

そのため、ひかり電話の月額を割引してくれるキャンペーンは非常に大事な特典となっています。

キャッシュバック額は高額でも工事費が無料にならないプロバイダもある

例えば、ビッグローブ(auひかり)の場合は、下記のように「6万円キャッシュバック」や「2万円値引き」はありますが、「工事費無料」はありません。

auのビッグローブの乗り換えキャンペーン
出典:ビッグローブ

そのため、単純にキャッシュバック額や割引特典だけで判断するのではなく、「キャンペーンのトータル額」で申込窓口を選択することが重要になります。

キャンペーンのトータル額のランキングを知りたい場合は「auひかりのおすすめプロバイダを徹底比較」を確認ください。

② キャッシュバックの手続きが簡単なこと

auひかりのプロバイダは、キャッシュバックの受取手続きが簡単なプロバイダを選ぶようにしましょう。

なぜなら、キャッシュバック額は高くても、手続きが難しくてキャッシュバックを受け取れないケースがあるためです。

下記の「電話申請」「WEB申請」をしている窓口を選べば問題ないです。

簡単さ受取時期主な申込窓口
電話申請
申込時に電話で口座番号を伝えるだけ
1ヶ月後が多い(代理店系)
・NNコミュニケーションズ
・NEXT
WEB申請
数カ月後に専用WEBから申請
半年~1年後が多い・GMOとくとくBB
・So-net
・ビッグローブ

・niftyなど
FAX申請
FAXが無かったり使ったことないと難しい
半年~1年後が多い(代理店系)
・以前のフルコミット

キャッシュバックの申請を忘れるという理由で、「電話申請」の申込窓口をおすすめするブログもあります。

しかし、個人的には「WEB申請」の窓口であっても、キャンペーンのトータル額さえお得であれば、その窓口をおすすめします。

なぜなら、キャッシュバックのWEB申請を忘れないコツがあるからです。

キャッシュバックのWEB申請を忘れそうな場合はコレ!

下記の記事のとおり、キャッシュバックを忘れないための方法が7つあり、このうち2つ以上の対策を取っておけば、絶対に忘れることはありません。

③ キャッシュバックの振込時期が問題ないこと

auひかりのプロバイダのキャッシュバックの振込時期が、自分にとって許容できるかどうかが重要になります。

プロバイダによっては、キャッシュバックが開通から6ヶ月後にされる窓口もあれば、12ヶ月後や24ヶ月後にキャッシュバックされる窓口もあります。

個人的には、キャッシュバックの振込時期が遅くても、キャッシュバック額+その他のキャンペーンが最もお得な申込窓口から申し込むべきだと考えています。

ただし、キャッシュバックの振込時期が先だと、申請自体を忘れるリスクもあるため、必ずキャッシュバック申請を忘れないように対策を取っておきましょう。

プロバイダごとの振込時期を知りたい場合は「auひかりのおすすめプロバイダを徹底比較」を確認ください。

④ 特典の条件が厳しくないこと

auひかりのプロバイダのキャンペーン総額が10万円以上もらえるからといって飛びついてはいけません

キャンペーンの条件をしっかり確認すると、自分にとって不要なオプションに加入する必要があったり、友人4人を紹介しないと貰えない非現実的なキャンペーンがあります。

不要なオプションがないか

どんなに高額なキャンペーンでも、あなたにとって不要なオプションの加入が条件となっている場合は、注意が必要です。

例えば、下記のようなオプションが条件となっている場合があります。

よくある不要なオプション例
  • 動画配信サービス
  • サポートオプション
  • バックアップオプション
  • セキュリティオプション

もちろん、必要なオプションであればいいのですが、自分にとって不要なオプションを複数加入することで、月々数千円ほど無駄な出費が出てしまい、結果的に損してしまう可能性があります。

実際に、下記のように「最大131,000円還元」と言いつつも、オプションとして「auでんき」「カスペルスキー」「安心サポート」などオプションに7つも入らないといけません。

auひかりのキャンペーンの不要オプションの事例

これでは、逆にオプションの月額料金が高くて損してしまいますね。。

非現実的なキャンペーンではないか

高額キャッシュバックには、たまに「友人紹介」すればキャッシュバックするといった内容もあります。「紹介者が4名なら6万円キャッシュバック!」といったケースです。

しかし、普通に考えて4人の友人・知人が同時に光回線に加入する状況なんて考えられません。。

⑤ 絶対にau公式サイトから申し込んではダメ

プロバイダ選びからは少し話がそれますが、au公式サイトからプロバイダを選んでauひかりを申し込むと、5万円以上損してしまう可能性があります。

例えば、auひかりの公式サイトから申し込むと特典額は5.3万円ほどですが、GMOとくとくBBで申し込むと12.3万円ほど特典を受けることができます。

なぜこのようにキャンペーン額が大きく異なるかというと、プロバイダや代理店からauひかりを申し込むと「公式キャンペーン」と「独自キャンペーン」の両方を受けることができるからです。

プロバイダや代理店は「公式特典」と「独自特典」を両方受けられる

auひかりのキャンペーンの種類

上記のように、auひかりはau公式サイトから申し込むと「公式特典」しか受けられませんが、プロバイダや代理店から申し込むことで「公式特典」と「独自特典」を受けることができるため、必ずプロバイダか代理店から申し込みましょう。

auひかりの代理店も含めた最もお得なキャンペーンを実施している申込窓口は下記の記事でご確認ください。

参考|速度はあまり重要ではない

正直、auひかりのプロバイダであれば、どのプロバイダでも体感速度は大きく変わりません。

例えば一般的な光回線は最大通信速度が1Gbpsですが、実際の実質速度は平均して100~300Mbps前後で、遅い光回線やプロバイダでも平均値で60Mbpsは出ている場合がほとんどです。

そのため、通信速度が求められるNetflixやYoutubeであっても、4Kの高画質動画で推奨される通信速度は約20Mbps程度のため、極端な話約20Mbps以上出ていれば実は十分なんです。

どの光回線も体感速度は変わらない

もちろん、複数端末や家族の複数人で通信する際には100Mbps以上の速度があると理想的です。

利用用途必要な速度
Webページ閲覧、メール受信、LINE受信1Mbps
SNSの写真投稿、YouTube動画(中画質)、ビデオ通話3Mbps
SNSへの動画投稿、データファイルの共有10Mbps
NetflixやYoutubeなど4K動画20Mbps

プロバイダの速度を気にすべき人はどんな人?

プロバイダの速度を気にする必要がある人は、下記のケースに当てはまる場合のみです。

  • オンラインゲームを本格的にやる人
  • 多くの人数でネット利用する法人企業

上記の場合は、通信速度が求められます。

それ以外は、通信速度は気にしなくても快適に光回線を利用することができます。

参考|オプションも重要ではない

auひかりのプロバイダ選びで、オプションサービスが豊富かどうかは重要ではありません。

理由は、そもそもプロバイダが提供しているオプションは不要なオプションが多いのと、世の中の他のサービスを見ても代替サービスが十分にあるからです。

プロバイダのオプションとその代替サービス

プロバイダの
オプションサービス
世の中の
代替サービス
無料メールアドレス
(無料)
Gmailヤフーメール
(無料)
セキュリティソフト
(月々550円程度)
トレンドマイクロ
ウイルスバスター

(月々500円程度)
電話サポート
(月々550円程度)
無制限サポートサービス
(月々1,650円)
ホームページ作成
(100MB無料)
WiX
(500MB無料)

auひかりのプロバイダのキャッシュバック受取手順

ここでは、auひかりで最もおすすめするプロバイダ「GMOとくとくBB」のキャッシュバック受取手順について解説します。

STEP
受け取り対象月にメールが送付される(11ヶ月目・23ヶ月目)

auひかりが開通して回線開通月を含む11ヶ月目と23カ月目にメールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールが送らてきます。

STEP
メールに従って振込先口座を申請

キャッシュバックを受け取るための振込先銀行口座等の手続きを行います。

STEP
キャッシュバックを受け取る(開通から11ヶ月後・23ヶ月後)

STEP2の内容に返信した翌月末日(営業日)に指定の口座に振り込まれます。

受け取り口座の登録を忘れないように、スマホのカレンダーに登録しておきましょう。

下記の場合はキャッシュバック対象外になる
・auひかりの解約
・auひかりの申込キャンセルや、未納による一時停止または強制解約
・ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合
・その他会社側で対応困難と認めるものがあった場合

最大8.2万円キャッシュバック

auひかりとプロバイダの申込手順

ここでは、auひかりで最もおすすめするプロバイダ「GMOとくとくBB」の申込手順を解説します。

STEP
「GMOとくとくBB」からauひかりを申し込む

下記の「GMOとくとくBB」からauひかりを申し込みます。工事が完了するまでは無料でキャンセル可能なので安心してください。

なお、このサイトから申し込まないと先程紹介したキャンペーン特典は受けることができないため、ご注意ください。

最大8.2万円キャッシュバック

STEP
折返しの電話が掛かってきます(数日後)

申込時に指定した電話番号にサポートセンターから電話が掛かってきます。

ここで、Wi-Fiルーターの機種指定やひかり電話の契約有無について伝えましょう。

あとは、その電話の中で工事日を決めて終了です。

STEP
必要書類や機器の受け取り(1週間後~)

auひかりより「開通のご案内」等の書類が送付されます。

また、プロバイダからは「プロバイダID/パスワード」などが送付されます。

これらの書類はインターネット接続に必要な設定マニュアルやパスワードが入っているので大切に保管しておいてください。

なお、Wi-Fiルーターを申し込んだ場合等は、このタイミングで機器も送付されます。

STEP
開通工事(2週間後~)
光回線のONU

先日指定した工事日に工事担当者が自宅まで訪問して、開通工事を行います。

工事担当者がやってくれること

  • お部屋までの光回線の引き込み(状況による)
  • 宅内機器(ONU)の設置
  • 通信できるかの確認

おおよそ工事は1~2時間で終わります。

なお、既にお部屋に光回線設備(光コンセント等)がある場合には無派遣工事となり、工事担当者が家に来ない場合もあります。

光コンセント
光コンセント(出典:NURO光
STEP
インターネット接続(工事完了後)

基本的には、送付された設定マニュアルを見ながら設定します。

よっぽど設定に苦手意識がない限りは、問題なく設定できると思います。

なお、Wi-Fiルーターの接続方法は、GMOとくとくBBよくある質問に記載があるので参考にしてください。

最大8.2万円キャッシュバック

他社からauひかりに乗り換える場合の注意点
auひかりの工事が完了し、インターネットに無事接続できることを確認できた後に、他社の光回線を解約・機器返却するようにしましょう。そうすれば、インターネットに接続できない期間がほぼなくなるので困ることはありません。(更新月の関係で早めに解約する必要がある場合は除く)

よくある質問

auひかりのプロバイダは変更できるの?

auひかりは、契約後のプロバイダの変更はできません。

どうしてもプロバイダを変更したい場合は、auひかりとプロバイダを解約してから、再度auひかりとプロバイダを契約する必要があります。

ただし、auひかりを解約をすると解約金等がかかるためオススメはできません。

auひかりで現在契約しているプロバイダを確認するには?

auひかりのプロバイダを確認する方法は4つあります。

その中でも一番簡単な方法は、「プロバイダー確認君」にアクセスすることです。

  1. 【Web】プロバイダー確認君にアクセスする
  2. 【書類】auひかりの契約書類で調べる
  3. 【Web】My au WEB de 請求書で調べる
  4. 【電話】KDDIお客様センター(0077-7023)に電話する
    ※年中無休 9時~20時

auひかりのプロバイダの料金が高いと思う場合は?

auひかりの料金が高いと感じる場合は下記の手順で確認しましょう。

  1. まず料金請求内訳を確認する
  2. 口座振替・請求書払いからクレカ払いに変更する(月220円削減)
  3. 不要なオプションを解約する(月数百円~数千円削減)
  4. 他社光回線への乗り換えを検討する

他社光回線への乗り換えを検討できる場合は、下記を確認してみてください。

場合によっては月々1,000円~2,000円ほど削減できる可能性があります。

auひかりのプロバイダの解約はどうするの?

auひかりの解約手順は下記のとおりです。

  1. 窓口に連絡して解約を告げる
  2. レンタル機器を返却する

プロバイダごとの窓口の連絡先はこちらをご確認ください。

←左右にスクロールできます→

プロバイダ連絡先Web解約営業時間解約申込期限
au one netKDDIお客様センター
0077-7068
(通話料無料)
×9:00~18:00月末
0120-22-0077
(通話料無料)
※上記番号が利用できない場合
@nifty0570-03-2210
(有料)
×10:00~19:00月末
03-6625-3232
(有料)
※IP電話・国際電話・
携帯電話定額制プランはこちら
@TCOM0120-805633
(無料)
×月~金 10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
25日まで
ASAHIネット0120-577-108
(無料)

Webから解約手続き
平日 10:00~19:00
土日祝 10:00~17:00
15日まで
BIGLOBE0120-86-0962
(無料)
×9:00~18:0025日まで
DTI0570-004740
(有料)
※IP電話・国際電話は利用不可

Webから解約手続き
平日 10:00~17:0025日まで
So-net0120-80-7761
(無料)

Webから解約手続き
9:00~18:00
※1月1日・2日・
日曜を除く
月末
※月末2日間に
手続きした場合
翌月の解約
GMOとくとくBB0120-377-109
(無料)

Webから解約手続き
平日 10:00~19:0020日まで

auひかりのマンションのおすすめプロバイダは?

auひかりのマンションのおすすめプロバイダは「GMOとくとくBB」一択です。

理由は、キャンペーン総額が約12万円と、どのプロバイダと比較しても最もお得なプロバイダだからです。

実際の比較した結果は、「マンションのプロバイダ全8社を比較した結果」を確認ください。

auひかりの戸建てのおすすめプロバイダは?

auひかりの戸建てのおすすめプロバイダは「GMOとくとくBB」一択です。

理由は、キャンペーン総額が約13万円と、どのプロバイダと比較しても最もお得なプロバイダだからです。

実際の比較した結果は、「戸建てのプロバイダ全8社を比較した結果」を確認ください。

auひかりちゅらに対応プロバイダは?

auひかりちゅらは、光回線とプロバイダがセットになっているので、プロバイダは選択することができません。

そのため、プロバイダに強いこだわりがある場合は、他の光回線を検討しましょう。

auひかりでゲームにおすすめのプロバイダは?

ゲームは通信速度が求められる場合があるため、速度の速い「GMOとくとくBB」がおすすめです。

マンション戸建て
下り速度上り速度下り速度上り速度
So-net330Mbps243Mbps556Mbps527Mbps
au one net285Mbps209Mbps484Mbps446Mbps
ビッグローブ234Mbps183Mbps538Mbps488Mbps
@nifty234Mbps183Mbps538Mbps488Mbps
GMOとくとくBB286Mbps155Mbps773Mbps771Mbps
DTI59Mbps54Mbps636Mbps561Mbps
ASAHIネット180Mbps156Mbps486Mbps416Mbps
@TCOM191Mbps166Mbps388Mbps387Mbps
※出典:みんなのネット回線速度
※2022年5月~7月平均

auひかりの5ギガ・10ギガプランに対応しているプロバイダは?

auひかりの5ギガ・10ギガに対応しているプロバイダは下記のとおりです。

ホーム
5ギガ
ホーム
10ギガ

GMOとくとくBB

@nifty

@TCOM

Asahiネット

au one net
ビッグローブのロゴ
ビッグローブ
dtiロゴ
DTI
so-netのロゴ
So-net

まとめ

auひかりのプロバイダを全8社徹底比較した結果、auひかりのプロバイダは「GMOとくとくBB」一択でした。

GMOとくとくBB」はキャンペーン総額が約13万円とプロバイダの中でも最も高く、料金や速度もトップクラスです。

auひかりを申し込むなら「GMOとくとくBB」から「auひかり(光回線)+GMOとくとくBB(プロバイダ)」を申し込みましょう。

Taku
インターネットアドバイザー
10年以上大手通信会社で働いてきた知識や経験を活かし、約100種類以上の光回線と申込窓口を3ヶ月かけて調査した結果をもとに、あなたにとって最もお得で満足度の高い光回線を教えます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次