失敗する!?ドコモ光のOCNインターネット(OCN for ドコモ光)の注意点・特徴・評判を解説

  • URLをコピーしました!

本ページでは一部広告を掲載しております

プロバイダOCNはタイプBからタイプAに生まれ変わった
タイプBであった「OCN for ドコモ光」は2023年6月30日で新規受付が終了となりましたが、7月1日からタイプA「OCNインターネット」という名称で新たに提供開始されました。

この記事はこんな人におすすめ
  • ドコモ光のOCNの評判や口コミを知りたい
  • ドコモ光のOCNのWi-Fiルーターを知りたい
  • ドコモ光のOCNのIPv6について知りたい

結論、ドコモ光のプロバイダであるOCNインターネット(旧OCN for ドコモ光)は、高機能Wi-Fiルーターを無料で提供している良いプロバイダでした。

しかし、全プロバイダで比較すると、「38,000円のキャッシュバック」や「最新の高機能Wi-Fiルーター」を提供している「GMOとくとくBB」が最もベストなプロバイダであることがわかりました。

ただし、いくつか注意点があり、これを知らないままドコモ光を申し込むと、この38,000円のキャッシュバックを受け取れなくなる可能性があります。

この記事では、私が10年以上大手通信会社で働いてきた知識や経験を活かし、本当にドコモ光がお得に申し込めるプロバイダや窓口を21社以上調査した結果をお伝えします。

目次

ドコモ光のOCNの評判から見る7つの特徴

OCN(ドコモ光)の特徴

Twitterやヤフー知恵袋など55人以上を調査した結果、ドコモ光のOCNインターネット(旧OCN for ドコモ光)の特徴は以下の6つでした。

  1. 2万円分のdポイントが貰える
  2. 高性能Wi-Fiルーターが無料
  3. IPv6接続(IPoE方式)対応で速度が300Mbpsと速い
  4. 月額料金がタイプAなので安い
  5. 最大22,000円の工事費が無料
  6. ドコモのスマホセット割で最大1,100円の月額割引
  7. オプションサービスも豊富で無料期間もある

なお、OCN(ドコモ光)の月額料金等の基本情報は下記をご確認ください。

OCN(ドコモ光)の基本情報を見る

月額料金

OCN(ドコモ光)は「タイプA」に属するので、タイプAの料金をご確認ください。

マンション
タイプ
戸建て
タイプ
1ギガタイプA/C4,400円5,720円
タイプB4,620円5,940円
単独
(プロバイダなし)
4,180円5,500円
10ギガタイプA6,380円6,380円
タイプB6,600円6,600円
単独
(プロバイダなし)
5,940円5,940円
ドコモ光ミニ
(従量制プラン)
2,970円~6,270円
※プロバイダによってタイプAとBが異なります。
※タイプA:GMOとくとくBB、OCN、@nifty、DTI、BIGLOBE、hi-ho、ic-net
※タイプB:@TCOM、ちゃんぷるネット、TNC、WAKWAK、ASAHIネット
※タイプC:ケーブルテレビ

初期費用

マンション戸建て
工事費22,000円22,000円
事務手数料3,300円3,300円
※土日祝に工事した場合は工事費に追加で3,300円かかります

基本情報

1ギガ タイプAプロバイダOCN
提供サービスメール最大提供メールアドレス数1
メールBOX容量10GB
メールドメインocn.ne.jp
セキュリティサービスメールウィルスチェック・送信ウイルスチェックサービス
迷惑メールフィルタ・迷惑メール自動判定
総合セキュリティソフトマイセキュア (1ライセンス)(12か月)
サポートサービスリモートサポート○(有料)
訪問サポート○(初回無料)
IPv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他独自サービス・Wi-Fiルーター(ご契約期間中は無償レンタル)
・マルウェア不正通信ブロックサービス
・Webメール
契約条件提供エリア
(設置場所住所)
全国
契約名義個人/法人
年齢制限
プロバイダ開通案内
(会員登録証)の送付先
プロバイダ契約者住所
プロバイダ窓口OCNカスタマーズフロント
【受付時間】
10:00~19:00 (日曜日・祝日・年末年始を除く)
インターネット接続設定のお問い合わせ 10:00~17:00(年末年始を除く)
料金請求のお問い合わせ 9:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)

【連絡先】
0120-506506 (無料)
【URL】
https://s.ocn.jp/fd01

特徴① 2万円分のdポイントが貰える

OCN(ドコモ光)では、2万円分のdポイントが貰えます。

新規や事業者変更の場合は20,000ポイント、フレッツ光からの転用の場合は15,000ポイントになります。

dポイントはコンビニや携帯料金等の支払いにも使えるため非常に使いやすいポイントですね。

特徴② 高性能Wi-Fiルーターが無料

ビッグローブ(ドコモ光)のWiFi

OCN(ドコモ光)では、高速通信が可能なIPv6に対応した高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

通常、家電量販店等でWi-Fiルーターを購入すると5,000円~10,000円程度かかるためお得ですね。

Wi-Fiルーターの機種は、NECのAtermシリーズ「Aterm WX1800HP」をレンタルできます。

Wi-Fiルーターのスペック

NECのAtermシリーズ「Aterm WX1800HP」のスペックと特徴です。

製品名WX1800HP
アンテナ数2×2(5GHz)
2×2(2.4GHz)
無線LAN伝送速度1201Mbps(11ax/5GHz)
574Mbps(11ax/2.4GHz)
有線LAN1Gbps(WAN)
1Gbps(LAN)(1ポート)
メッシュ中継機能対応
OFDMA対応
MU-MIMO対応
TWT対応
オートチャネルセレクト対応
バンドステアリング対応

無料でレンタルできるのでこだわりがある場合を除けば十分利用できるスペックです。

Wi-Fiルーターは別途申し込みが必要

ドコモ光(OCN)を申し込んだ後「開通のご案内」が自宅に到着するため、所定の手続きに沿ってWi-Fiルーターを申し込んでください。

念のためOCNのWi-Fiルーター申し込みページを記載しておきます。

ちなみに他のプロバイダだと最新のWi-Fiルーターが利用できる

ドコモ光のプロバイダを21社すべて調査すると、「GMOとくとくBB」なら1,733Mbpsの最新Wi-Fiルーターが利用できます。

下記の表では、無料Wi-Fiルーターを提供しているプロバイダのみ比較してみました。

ドコモ光のプロバイダ比較

←左右にスクロールできます→

プロバイダ無料Wi-Fiルーターv6プラス
(IPv4 over IPv6)
実質速度
(ダウンロード)
セキュリティソフト
GMOとくとくBB
(タイプA)

(1,733Mbps)

307Mbps

12ヶ月無料
OCN
(タイプA)

(1,200Mbps)

279Mbps

12ヶ月無料
nifty
(タイプA)

(867Mbps)

220Mbps

12ヶ月無料
TikiTiki
(タイプA)


1ヶ月無料
エディオンネット
(タイプA)

264Mbps
ANDLINE
(タイプA)

(867Mbps)

220Mbps

12ヶ月無料
DTI
(タイプA)

244Mbps
シナプス
(タイプA)


12ヶ月無料
ビッグローブ
(タイプA)

(867Mbps)

274Mbps

12ヶ月無料
hi-ho
(タイプA)

(867Mbps)


12ヶ月無料
SIS
(タイプA)

(867Mbps)


永年無料
BB.excite
(タイプA)

(867Mbps)

250Mbps

36ヶ月無料
楽天ブロードバンド
(タイプA)

198Mbps

12ヶ月無料
Tigers-net.com
(タイプA)

(867Mbps)


永年無料
ic-net
(タイプA)

(1,300Mbps)


永年無料
ちゃんぷるネット
(タイプB)

(867Mbps)

@TCOM
(タイプB)

284Mbps
@ネスク
(タイプA)

ASAHIネット
(タイプB)

263Mbps
TNC
(タイプB)


3ヶ月無料
WAKWAK
(タイプB)

後ほどしっかりと解説しますが、実はキャッシュバック額や無料Wi-Fiルーターの観点でいうと「GMOとくとくBB」が最もお得なんです。

詳しくは後ほど解説する「本当にドコモ光のOCNは一番オトク?プロバイダ21社以上比較してみた」をご確認ください。

特徴③ IPv6接続(IPoE方式)対応で速度が300Mbpsと速い

OCN(ドコモ光)では、回線が混雑しにくいIPv6接続(IPoE方式)が採用されているため通信速度が速いです。

OCNは速度が快適なIPoE(IPv4 over IPv6)方式を標準提供しています。

この方式を利用することで、アクセスが集中するポイントを通らないため、「混雑している」「遅くなる」時間帯でも快適にインターネットができます。

v6アルファは新規受付を終了した

OCN(ドコモ光)では、下記の3つのサービスが利用できる「v6アルファ」を月額550円で提供していましたが、2022年3月31日で新規申込を終了しています。

v6アルファで使えるサービス

  1. IPoE対応レンタルルーター
  2. セキュリティサービス
  3. 遠隔/訪問サポートサービス

v6アルファは申し込みできないものの、OCNでは「IPoE(IPv4 over IPv6)方式」を標準提供しており、速度が遅くなるということはないためご安心ください。

ここからは、実際にOCN(ドコモ光)が速いのかTwitterや速度測定サイトから調査してみました。

それでは、詳しく見てみましょう。

Twitterの評判・口コミから見る実質速度

OCN(ドコモ光)の速度の評判を確認した結果、「速い!」という声が多くありましたが、なかには「遅い。。」という声もありました。

ただし、速度の遅さは、利用者の通信機器(Wi-Fiルーターの古さなど)によっても大きく左右されるため、一概には悪いともいえないです。

  • ドコモ光とOCNで今のところストレスは無い!
  • ドコモ光(OCN)超速い!
  • ドコモ光にしてから回線速度が遅くなった気がする。。
OCN(ドコモ光)の速度の評判
出典:twitter
OCN(ドコモ光)の速度の評判
出典:twitter
OCN(ドコモ光)の速度の評判
出典:twitter

速度測定サイトから見る実質速度

通信速度は時間帯によって混み具合が変わりますが、OCN(ドコモ光)は混みやすい夜でもしっかりと速度がでています。

2024年3月現在の直近3ヶ月平均速度

時間帯Ping下り上り
19.36ms330.16Mbps216.8Mbps
20.53ms312.21Mbps232.15Mbps
夕方19.67ms302.89Mbps236.28Mbps
20.2ms263.24Mbps211.22Mbps
深夜19.22ms346.4Mbps223.31Mbps
みんなのネット回線速度

また、夜の通信速度を月別で見ても常に通信速度が安定しています

ビッグローブ(ドコモ光)の夜の速度
みんなのネット回線速度

特徴④ 最大22,000円の工事費が無料

GMOとくとくBB(ドコモ光)の工事費無料

OCN(ドコモ光)では、最大22,000円の工事費が無料になります。

マンション戸建て
工事費
(平日の場合)
22,000円
⇒無料
22,000円
⇒無料
事務手数料3,300円3,300円

ただし、工事する曜日が「土日・祝日」の場合は別途追加工事費が+3,300円かかるため知っておいてください。

なお、この+3,300円はキャンペーンで無料にはなりません。

特徴⑤ 月額料金がタイプAなので安い

ドコモ光のプロバイダには「タイプA」と「タイプB」があり、「タイプA」のほうが月額料金が200円安くなっています。

OCN(ドコモ光)は、この「タイプA」のため月額を安く利用できます。

月額料金の差

マンション
タイプ
戸建て
タイプ
タイプA4,400円5,720円
タイプB4,620円5,900円

対応プロバイダ

プロバイダ
タイプAGMOとくとくBB、BIGLOBE、Tigers-net.com、OCN、DTI、andline、BB.excite、エディオンネット、@nifty、SYNAPSE、ic-net、楽天ブロードバンド、hi-ho、ネスク、TiKiTiKi、SIS
タイプBTNC、OCN、@TCOM、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット

タイプAとタイプBは料金以外に何が違うの?
料金以外は何も変わりません。ではなぜ料金が違うかというと、これはプロバイダによっては+200円(タイプB)で提供しないと設備運営コスト等の観点でビジネスが成り立たないためです。

特徴⑥ ドコモのスマホセット割で最大1,100円の月額割引

ドコモのスマホセット割は、「ドコモ光」と「ドコモのスマホ」をセットで利用することで、スマホ1台あたりに適用されます。

例えば、家族4人がギガライトで5GBを使っていれば、毎月1,100円×4人=4,400円も割引されます。

なお、スマホセット割は家族が離れて暮らしていても適用されます。

注意:ドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」は、セット割の対象外

スマホセット割の料金プラン

「eximo」「irumo」

料金プラン月額割引額
eximo-1,100円
irumo0.5GB
3GB-1,100円
6GB-1,100円
9GB-1,100円

旧プラン

ギガプラン月額割引額
・5Gギガホ プレミア
・5Gギガホ
・ギガホ プレミア
・ギガホ
・5Gギガライト/ギガライト(~5GB/~7GB)
1,100円
5Gギガライト/ギガライト(~3GB)550円
出典:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/hikari_set/
旧契約プラン月額割引額
ウルトラシェアパック1003,850円
ウルトラシェアパック503,190円
ウルトラシェアパック302,750円
ベーシックシェアパックステップ4(~30GB):1,980円
ステップ3(~15GB):1,980円
ステップ2(~10GB):1,320円
ステップ1(~5GB):880円
ウルトラデータLLパック1,760円
ウルトラデータLパック1,540円
ベーシックパックステップ4(~20GB):880円
ステップ3(~5GB):880円
ステップ2(~3GB):220円
ステップ1(~1GB):110円
出典:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/hikari_set/

OCNモバイルONEは220円の月額割引

ocnモバイルoneのドコモ光のセット割

格安SIMの「OCNモバイルONE」を利用している場合は、ドコモ光(OCN)とセットで利用することで、毎月220円の月額割引が適用されます。

格安SIMでは元々の月額料金が安いこともあり、回線のセット割を実施している事業者の数は少ないため、比較的貴重な割引サービスです。

なお、このOCN光モバイル割は音声対応SIMカードだけでなく、SMS対応SIMやデータ専用SIMも対象となっています。

特徴⑦ オプションサービスも豊富で無料期間もある

OCN(ドコモ光)では、一部のオプションサービスが無料で利用できます。

オプション内容料金
訪問設定サポート
(OCN開通とことんサポート)
経験豊富な専門スタッフがご自宅に訪問し、インターネット接続設定など、無料でサポート1回8,800円~
⇒1回のみ無料
セキュリティサービス
(マイセキュア)
「マイセキュア」は、スマートフォンやタブレット(Andoroid)、PC(Windows/ Mac)を守る総合セキュリティ対策ソフト月額275円
⇒1年間無料
メールアドレスOCNのメールアドレスが利用可能無料
(1個まで)
メールウイルスチェック送信メールのチェックのみの無料提供無料
ひかり電話固定電話が利用できる月額550円
ひかりTV50ch以上の専門チャンネルと4.1万本以上のビデオが見られる月額2,750円
テレビ地デジとBSが見られる月額825円
訪問設定サポートを詳しく見る
OCN(ドコモ光)のサポート

OCNの「OCN開通とことんサポート」は、下記の内容を無料で訪問しサポートするサービスです。

サポートメニュー作業内容最大台数初回料金通常料金
インターネット接続設定(有線)インターネット接続設定モデム、ルーター、スプリッタの設定ブラウザー設定、メール設定、メールアドレス変更5台無料3,300円
無線LANクライアント設定PC・タブレット・スマートフォンの無線LAN(Wi-Fi)の設定1,650円/1台
ゲーム機接続設定(無線)ゲーム機の無線でのインターネット接続設定2,200円/1台
家庭用複合プリンターの印刷設定家庭用複合機(プリンター、スキャナー、FAX)をPC・タブレットにUSBもしくは有線・無線LANで接続・設定し、テストプリント1枚による動作確認4,950円
無線LANアクセスポイント設定無線LANルーターもしくは無線アダプタへの無線LAN(Wi-Fi)接続設定および動作確認1台2,200円
OSアカウント設定・OS初期設定使用者名やコンピュータ名等を入力・設定し、デスクトップが表示 されるまでの初期設定1台2,200円
Microsoftアカウント申込代行Microsoftアカウントについて1アカウントの申込代行を実施1台1,650円
ウイルス対策ソフト導入設定パソコンのセキュリティソフトのインストール・設定、ウイルス定義ファイルのオンラインアップデート5台3,960円
ひかりTV接続設定ひかりTVサービスのチューナーとテレビとの接続設定1台3,190円
訪問基本料金5,500円
セキュリティサービスを詳しく見る
OCN(ドコモ光)のセキュリティ

「マイセキュア」は、スマートフォンやタブレット(Andoroid)、PC(Windows® / Mac)を守る総合セキュリティ対策ソフトです。

ウイルス、偽造サイト、悪質アプリなどの脅威から守ります。

1.ウイルスやマルウエアから端末を守る

リアルタイムスキャンファイルの読み取り、実行などのファイルアクセス時に自動スキャンします。
スケジュールスキャンあらかじめ指定した日時にスキャンします。
手動スキャンフォルダやファイルを右クリックして実行するスキャンや、メニューよりクリックしてスキャンします。
振る舞い分析ウイルスと同じような動作をするプログラムを「疑わしいファイル」として予測検知します。
隔離マルウエアを検出した場合に、自動で隔離を行い、隔離した脅威の情報を表示します。
ジャーナリング&ロールバック定義付けされていないグレーなファイルに対しての監視を行い、後にウイルスと判定されれば、そのファイルが行った改変を自動修復します。

2.悪質サイトへのアクセスをブロック

セキュアWebフィッシングや悪意のあるWebサイトへのアクセスをブロックします(クラウド上のリストから検出)。
アクセス時にリアルタイムでWebサイトを解析します。
検索結果の一覧に信頼できるWebサイトであるかどうかのアイコンを表示できます。

3.不信なプロセスが外向けに通信を行う場合にブロック

出口対策不審なプロセスが外向けに通信を行う場合にブロックします(一般的なポート制御などのファイアウォール機能ではなく、Windows® FWと併用した補完機能になります)。

4.入力したIDやパスワードの情報を盗まれないよう保護

個人情報保護未知のキーロガーなどに感染した場合に、入力したIDやパスワード、スクリーンキャプチャなどの情報を盗まれないように保護します。

4.遠隔で端末を操作

状態確認登録したPCのスキャン情報やセキュリティキーコードなどを確認できます。
遠隔コマンド登録したPCのスキャンやロックなどのコマンドを送信することができます。

ドコモ光のOCNの評判から見る2つの注意点

OCN(ドコモ光)の注意点

OCNインターネット(旧OCN for ドコモ光)の評判や口コミを見た結果、下記の2つの注意点・デメリットがありました

  1. v6アルファは新規申込受付が終了
  2. 実はOCNを申し込むと2万円以上損をする

それでは、詳しく見てみましょう。

注意① v6アルファは新規申込受付が終了

ocnのv6アルファの終了
出典:OCN

OCN(ドコモ光)では、下記の3つのサービスが利用できる「v6アルファ」を月額550円で提供していましたが、2022年3月31日で新規申込を終了してしまいました。

v6アルファで使えるサービス

  1. IPoE対応レンタルルーター
  2. セキュリティサービス
  3. 遠隔/訪問サポートサービス

v6アルファは申し込みできないものの、OCNでは「IPoE(IPv4 over IPv6)方式」を標準提供しており、速度が遅くなるということはないためご安心ください。

また、v6アルファは新規申込が終了したものの、OCN(ドコモ光)は代わりとなるオプションサービスを無料で提供しているため、致命的な問題ではありません。

v6アルファ
(新規申込終了)
代替オプション
(現在も提供中)
IPoE対応Wi-Fiルーター
(WX1800HPが無料レンタル)
セキュリティサービス
(マイセキュアが1年間無料)
遠隔/訪問サポートサービス
(OCN開通とことんサポートが1回無料)

注意② 実はOCNを申し込むと2万円以上損をする

OCNは確かに2万円分のdポイントが貰えますが、実は他のプロバイダの方が38,000円のキャッシュバックが貰えるためお得です。

最もオトクなのは2024年3月現在、「GMOとくとくBB」です。

例えば、下記の通りキャッシュバックやdポイントが貰える申込窓口を比較しても「GMOとくとくBB」が圧倒的にお得です。

キャッシュバックがあるドコモ光の窓口

順位申込窓口キャッシュバック額受取時期受取手続
1位GMOとくとくBB
(プロバイダ)

38,000円

4ヶ月後

簡単
(WEB)
2位ドコモオンラインコンシェルジュ
(代理店)

15,000円

2ヶ月後

簡単
(WEB)
3位Wiz
(代理店)

20,000円

7ヶ月後

簡単
(WEB)
4位OCN
(プロバイダ)

20,000dポイント

4ヶ月後

簡単
(WEB)
5位@nifty
(プロバイダ)

20,000円

7ヶ月後

簡単
(WEB)
6位ドコモ公式
20,000dポイント

2ヶ月後

簡単
(WEB)
7位TikiTiki
(プロバイダ)

20,000dポイント

2ヶ月後

簡単
(WEB)
8位ネットナビ
(代理店)

15,000円

1ヶ月後

困難
(WEB・郵送)
9位DTI
(プロバイダ)

11,000円

2ヶ月後

簡単
(WEB)
10位NNコミュニケーションズ
(代理店)

20,000円

1ヶ月後

簡単
(電話)
11位ディーナビ
(代理店)

5,000円

1ヶ月後

困難
(WEB・郵送)
※キャッシュバックを実施している窓口のみ記載しています

このように、ドコモ光のプロバイダによってキャッシュバックが異なるため、最もお得な「プロバイダ」と「申込窓口」を徹底比較して選ぶ必要があります。

ここからは、具体的にドコモ光のプロバイダや代理店など申込窓口を比較した結果をお伝えします。

ドコモ光のプロバイダ21社以上比較してみた

実は、ドコモ光にはOCNインターネット(旧OCN for ドコモ光)よりももっとお得なプロバイダがあります。

ここからは、OCNも含めたドコモ光のプロバイダ21社を徹底比較していきます。

また、プロバイダだけでなく、価格.comなどの申込窓口で申し込むのが良いか徹底調査しています。

それでは詳しく見ていきましょう。

プロバイダはGMOとくとくBBが1位だった

ドコモ光のプロバイダを21社比較した結果、GMOとくとくBBはキャッシュバックが38,000円もあり、最もお得なプロバイダでした。

さらに、「高機能Wi-Fiルーターが無料」「実質速度が速い」というのも特徴です。

ドコモ光のプロバイダ比較一覧

←左右にスクロールできます→

プロバイダキャッシュバック無料Wi-Fiルーターv6プラス
IPoE方式
(IPv4 over IPv6)
実質速度
(ダウンロード)
セキュリティソフト
GMOとくとくBB
(タイプA)

38,000円

(1,733Mbps)

自動適用

307Mbps

12ヶ月無料
nifty
(タイプA)

20,000円

(867Mbps)

自動適用

220Mbps

12ヶ月無料
TikiTiki
(タイプA)

20,000dポイント

申込必要


1ヶ月無料
OCN
(タイプA)

20,000dポイント

(1,200Mbps)

申込必要

279Mbps

12ヶ月無料
エディオンネット
(タイプA)

申込必要

264Mbps
ANDLINE
(タイプA)

(867Mbps)

自動適用

220Mbps

12ヶ月無料
DTI
(タイプA)

11,000dポイント

申込必要

244Mbps
シナプス
(タイプA)


12ヶ月無料
ビッグローブ
(タイプA)

(1,300Mbps)

自動適用

274Mbps

12ヶ月無料
hi-ho
(タイプA)

(867Mbps)

申込必要


12ヶ月無料
SIS
(タイプA)

(867Mbps)

自動適用


永年無料
BB.excite
(タイプA)

(867Mbps)

自動適用

250Mbps

36ヶ月無料
楽天ブロードバンド
(タイプA)

198Mbps

12ヶ月無料
Tigers-net.com
(タイプA)

(867Mbps)

申込必要


永年無料
ic-net
(タイプA)

(1,300Mbps)

申込必要


永年無料
ちゃんぷるネット
(タイプB)

(867Mbps)

申込必要

@TCOM
(タイプB)

自動適用

284Mbps

12ヶ月無料
@ネスク
(タイプA)

申込必要

ASAHIネット
(タイプB)

申込必要

263Mbps
TNC
(タイプB)


3ヶ月無料
WAKWAK
(タイプB)

自動適用

selectia限定3.8万円キャッシュバック

10ギガプランなら51,000円キャッシュバック

上記で紹介したプランは1ギガプランのキャッシュバックですが、10ギガプランであれば51,000円のキャッシュバックが貰えます。

さらに、10ギガプランで必ず必要となる10ギガ専用の高機能ルーターもGMOなら月額390円でレンタルできることも魅力です。

他社から乗り換えならさらに15,000円増額

他社からドコモ光のGMOとくとくBBに乗り換えることで、さらに15,000円のキャッシュバックが追加で貰えます。

1ギガプランや10ギガプランにキャッシュバックに追加で貰えるため非常にお得です。

なお、GMOとくとくBBの評判や実質速度、特徴や注意点等を詳しく知りたい場合は下記の記事を確認してください。

申込窓口もGMOとくとくBBが1位だった

ドコモ光の申込窓口は、先程紹介したプロバイダ以外にも、「販売代理店」などがあります。

その販売代理店と比較しても、GMOとくとくBBが最もお得なキャンペーンを実施していました。

ドコモ光の代理店との比較

キャッシュバックキャッシュバック受取時期受取手続
GMOとくとくBB
(プロバイダ)

38,000円

4ヶ月

簡単
(WEB)
NNコミュニケーションズ
(代理店)

20,000円

1ヶ月

簡単
(電話)
ドコモオンラインコンシェルジュ
(代理店)

15,000円

2ヶ月

簡単
(WEB)
Wiz
(代理店)

20,000円

7ヶ月

簡単
(WEB)
ネットナビ
(代理店)

15,000円

1ヶ月

面倒
(WEB・郵送)
ディーナビ
(代理店)

5,000円

1ヶ月

面倒
(WEB・郵送)

4ヶ月後のキャッシュバック申請を忘れそうな場合は?

キャッシュバックの申請を忘れないように、スマホのリマインダー機能等を活用すれば忘れることはありません。

GMOとくとくBBは、ドコモ光の開通月の3ヶ月後にメールが来て、メールに従ってWEB申請すればその1ヶ月後(開通月から4ヶ月後)にキャッシュバックされます。

この3ヶ月後のメールを忘れないためにも下記の記事でリマインダー設定をしておきましょう。

selectia限定3.8万円キャッシュバック

ちなみにGMOとくとくBBのキャンペーンサイトは3つあるから注意

他のメディアで紹介されている下記の2位や3位のGMOキャンペーンサイトからドコモ光を申し込んでも、16,000円や10,000円のキャッシュバックしか貰えないため注意してください。

しっかりと38,000円のキャッシュバックを受け取るためにも、1位のキャンペーンサイトから申し込みましょう。

GMOとくとくBBのキャンペーンサイト

←左右にスクロールできます→

1位
selectia
限定サイト

2位
翌月キャッシュバックサイト
3位
通常サイト
キャッシュバック
(オプションなし)

【1ギガ】
38,000円
【10ギガ】
51,000円

【1ギガ】
16,000円
【10ギガ】
26,000円

【1ギガ】
10,000円
【10ギガ】
30,000円
オプション条件条件なし
【1ギガ】
38,000円
【10ギガ】
51,000円
条件なし
【1ギガ】
16,000円
【10ギガ】
26,000円
ひかりTV+DAZN+Lemino:64,500円
ひかりTV+DAZN:35,000円
ひかりTV:18,000円
DAZN:15,000円
Lemino or dアニメ:12,000円
なし10,000円
キャッシュバック受取時期
4ヶ月後

1ヶ月後

4ヶ月後
注意点特になし特になし通常サイトに記載のある100,000円キャッシュバックは「オプション加入」「他社乗り換え」「10ギガプラン」の全ての条件が必要
URLhttps://gmobb.jp/lp/docomohikari_gentei/https://gmobb.jp/lp/docomohikari_1month/https://gmobb.jp/service/docomohikari/
※上記のキャッシュバックに加え、2,000円分のdポイントがもらえます

なお、上記の1位のサイトは一般公開されておらず、selectia用にGMO様から特別に用意いただいたキャンペーンサイトです。

そのため、ドコモ光をお得に申し込むなら、1位のGMOとくとくBBの専用サイトから申し込めば、38,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

selectia限定3.8万円キャッシュバック

ちなみに価格.comよりもオススメ

価格.comと比較しても、GMOとくとくBBがおすすめです。

申込窓口
GMOとくとくBB
申込窓口
価格.com
キャッシュバック額
【1ギガ】
38,000円
【10ギガ】
51,000円

5,500円
キャッシュバック受取時期4ヶ月後4ヶ月後
受取手続申請不要
(WEB申請)
申請不要
(WEB申請)
オプション加入不要不要
光回線ドコモ光ドコモ光
プロバイダGMOとくとくBBGMOとくとくBB

GMOとくとくBBであれば、価格.comよりもお得なことがわかります。

そのためドコモ光は「GMOとくとくBB」から申し込みましょう。

selectia限定3.8万円キャッシュバック

それでもOCN(ドコモ光)を申し込むべき人は?

下記のようなケースの場合は、OCNからドコモ光を申し込んだほうがよいでしょう。

  • 過去にGMOとくとくBBのキャンペーンを受けた
  • OCNに愛着がある
  • GMOという会社が嫌い

逆に、上記に当てはまらない場合は、先程紹介したGMOとくとくBBからドコモ光を申し込みましょう。

ここからは、上記のパターンに当てはまった方に向けて、OCN(ドコモ光)の申し込み方法から開通までの流れを徹底解説いたします。

OCN(ドコモ光)の申し込みから工事までの流れ

OCN(ドコモ光)の申し込みから工事までの流れ

ここからはOCNインターネット(旧OCN for ドコモ光)を申し込み、工事するまでの流れを解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

OCN(ドコモ光)の新規申し込みの手順

OCN(ドコモ光)の新規申し込み手順を解説します。

その前に、新規申し込みに該当する人や料金について知っておきましょう。

新規申し込みに該当する人
  1. 光回線を利用していない人
  2. auひかりから乗り換える人
  3. NURO光から乗り換える人
  4. 電力系の光から乗り換える人
    (eo光、コミュファ光、BBIQ、メガ・エッグなど)
  5. ケーブルテレビの光から乗り換える人
  6. auひかりちゅらから乗り換える人

上記以外の「ソフトバンク光」や「So-net光」のような光回線は後ほど解説する「事業者変更」になるため、そちらをご確認ください。

申し込みにかかる料金

マンション戸建て
工事費用22,000円22,000円
契約事務手数料3,300円3,300円
月額費用4,620円5,900円
※月額費用はタイプBの場合

ここからは具体的な申込手順を解説します。

STEP
「OCN」からドコモ光を申し込む

下記の「OCN」からドコモ光を申し込みます。

なお、このサイトから申し込まないと一部キャンペーンが受けれない可能性もあるため、ご注意ください。

STEP
折返しの電話が掛かってきます(数日後)

申込時に指定した電話番号にサポートセンターから電話が掛かってきます。

サポートセンターからも案内があると思いますが、ここで申し込みたいオプション等も相談しましょう。

あとは、その電話の中で工事日を決めて終了です。

STEP
必要書類や機器の受け取り(1週間後~)

ドコモより「開通のご案内」等の書類が送付されます。

また、プロバイダからは「プロバイダID/パスワード」などが送付されます。

これらの書類はインターネット接続に必要な設定マニュアルやパスワードが入っているので大切に保管しておいてください。

なお、Wi-Fiルーターを申し込んだ場合等は、このタイミングで機器も送付されます。

STEP
開通工事(2週間後~)
光回線のONU

先日指定した工事日に工事担当者が自宅まで訪問して、開通工事を行います。

工事担当者がやってくれること

  • お部屋までの光回線の引き込み(状況による)
  • 宅内機器(ONU)の設置
  • 通信できるかの確認

おおよそ工事は1~2時間で終わります。

なお、既にお部屋に光回線設備(光コンセント等)がある場合には無派遣工事となり、工事担当者が家に来ない場合もあります。

光コンセント
光コンセント(出典:NURO光
STEP
インターネット接続(工事完了後)

基本的には、送付された設定マニュアルを見ながら設定します。

よっぽど設定に苦手意識がない限りは、問題なく設定できると思います。

もし、それでも不安な場合は、「無料の訪問サポート」を事前に依頼しておきましょう。

他社からドコモ光に乗り換える場合の注意点
ドコモ光の工事が完了し、インターネットに無事接続できることを確認できた後に、他社の光回線を解約・機器返却するようにしましょう。そうすれば、インターネットに接続できない期間がほぼなくなるので困ることはありません。(更新月の関係で早めに解約する必要がある場合は除く)

OCN(ドコモ光)の事業者変更の手順

OCN(ドコモ光)の事業者変更(光回線ケーブルはそのままで光回線会社のみ変更する)の申し込み手順を解説します。

その前に、事業者変更の申し込みに該当する人や料金について知っておきましょう。

事業者変更に該当する人
  1. ソフトバンク光から乗り換える人
  2. OCN光から乗り換える人
  3. ぷらら光から乗り換える人
  4. ビッグローブ光から乗り換える人
  5. So-net光から乗り換える人
  6. @nifty光から乗り換える人
  7. 楽天ひかりから乗り換える人
  8. その他コラボ光から乗り換える人

上記以外に「auひかり」「NURO光」「電力系の光回線」「ケーブルテレビの光回線」を使っている場合は、先程解説した「新規申し込み」に該当するため、そちらをご確認ください。

申し込みにかかる料金

マンション戸建て
工事費用無料無料
契約事務手数料3,300円3,300円
月額費用4,620円5,900円
※月額費用はタイプAの場合

事業者変更は光回線ケーブル自体は今のケーブルを使うため、工事費は発生しません

そのため、気軽に光回線事業者を変更することができます。

解約金がかかる場合がある
事業者変更は、今使っている光回線を解約する扱いとなるため解約金が発生する場合があります。最低利用期間に達していない場合や、契約更新月以外の場合は解約金がかかる場合があるため確認しておきましょう。

ここからは具体的な申込手順を解説します。

STEP
事業者変更承諾番号の取得

まず、現在使っている光回線事業者から、事業者変更承諾番号を取得しましょう。

なお、番号取得には少し時間がかかりこの後のステップもあるため、この記事を「お気に入り登録」しておくと良いと思います。

各社の番号取得の連絡先
今使っている光回線連絡先
ソフトバンク光0800-111-6710
10時~19時
※ガイダンスに沿って
「1 → 3 → 2 → 2」を押してください。
OCN光0120-506-506
10時~19時
(日・祝・年末年始除く)
ぷらら光マイページにアクセス
①「利用状況照会」をクリック
②「ぷらら光電話の「契約内容」「通話明細」は、こちらをご覧ください。」をクリック
③「事業者変更承諾番号の取得はこちら」をクリック
ビッグローブ光【固定電話用】
0120-907-505
【携帯電話/IP電話】
03-6479-5716
9時~20時
(年中無休)
So-net光0120-45-2522
9時~18時
@nifty光03-6625-3265
10時~17時
(平日のみ)
楽天ひかり0120-987-300
9時~18時
(年中無休)
その他コラボ光事業者一覧から問い合わせ

なお、事業者変更承諾番号の発行後の有効期限は払い出し日を含めて15日間です。

取得できたら次に進みます。

STEP
「OCN」からドコモ光を申し込む

下記の「OCN」からドコモ光を申し込みます。

なお、このサイトから申し込まないと一部キャンペーンが受けれない可能性もあるため、ご注意ください。

STEP
折返しの電話が掛かってきます(数日後)

申込時に指定した電話番号にサポートセンターから電話が掛かってきます。

サポートセンターからも案内があると思いますが、ここで申し込みたいオプション等も相談しましょう。

あとは、その電話の中で光回線切替日を決めて終了です。

STEP
必要書類や機器の受け取り(1週間後~)

ドコモより「開通のご案内」等の書類が送付されます。

また、プロバイダからは「プロバイダID/パスワード」などが送付されます。

これらの書類はインターネット接続に必要な設定マニュアルやパスワードが入っているので大切に保管しておいてください。

なお、Wi-Fiルーターを申し込んだ場合等は、このタイミングで機器も送付されます。

STEP
光回線の切り替え(2週間後~)

先日指定した光回線切替日に光回線事業者が局舎の設備を設定して切り替えてくれます。

そのため、あなたの自宅に訪問しての工事等はありません。

STEP
インターネット接続(切り替え完了後)
光回線のONU

光回線の切り替えが終了したら、自宅のルーター等の設定を行います。

基本的には、事前に送付された設定マニュアルを見ながら設定しますが、よっぽど設定に苦手意識がない限りは、問題なく設定できると思います。

もし、それでも不安な場合は、「無料の訪問サポート」を事前に依頼しておきましょう。

OCN(ドコモ光)の転用の手順

OCN(ドコモ光)の転用(光回線ケーブルはそのままでフレッツ光からドコモ光に切り替える)の申し込み手順を解説します。

その前に、転用の申し込みに該当する人や料金について知っておきましょう。

転用に該当する人
  1. フレッツ光から乗り換える人

フレッツ光以外を利用している場合は、先程解説した「新規申し込み」か「事業者変更」に該当するため、そちらをご確認ください。

申し込みにかかる料金

マンション戸建て
工事費用無料無料
契約事務手数料3,300円3,300円
月額費用4,620円5,900円
※月額費用はタイプAの場合

フレッツ光からドコモ光(OCN)への転用は光回線ケーブル自体は今のケーブルを使うため、工事費は発生しません

そのため、気軽に光回線事業者を変更することができます。

転用の場合は解約金も発生しない
フレッツ光からドコモ光(OCN)に転用する場合は、従来の解約扱いとはならないため、解約金や違約金等はかかりません。

ここからは具体的な申込手順を解説します。

STEP
転用承諾番号の取得

まず、現在使っているフレッツ光(NTT東日本・NTT西日本)から、転用承諾番号を取得しましょう。

なお、番号取得には少し時間がかかりこの後のステップもあるため、この記事を「お気に入り登録」しておくと良いと思います。

転用承諾番号の取得方法
連絡先
NTT東日本電話0120-140-202
9時~17時
(年中無休/年末年始除く)
WEB転用ページ
8時半~22時
(年中無休/年末年始除く)
NTT西日本電話0120-553-104
9時~17時
(年中無休/年末年始除く)
WEB転用ページ
7時~25時
(年中無休/年末年始除く)

なお、転用承諾番号の発行後の有効期限は払い出し日を含めて15日間です。

取得できたら次に進みます。

STEP
「OCN」からドコモ光を申し込む

下記の「OCN」からドコモ光を申し込みます。

なお、このサイトから申し込まないと一部キャンペーンが受けれない可能性もあるため、ご注意ください。

STEP
折返しの電話が掛かってきます(数日後)

申込時に指定した電話番号にサポートセンターから電話が掛かってきます。

サポートセンターからも案内があると思いますが、ここで申し込みたいオプション等も相談しましょう。

あとは、その電話の中で光回線切替日を決めて終了です。

STEP
必要書類や機器の受け取り(1週間後~)

ドコモより「開通のご案内」等の書類が送付されます。

また、プロバイダからは「プロバイダID/パスワード」などが送付されます。

これらの書類はインターネット接続に必要な設定マニュアルやパスワードが入っているので大切に保管しておいてください。

なお、Wi-Fiルーターを申し込んだ場合等は、このタイミングで機器も送付されます。

STEP
光回線の切り替え(2週間後~)

先日指定した光回線切替日に光回線事業者が局舎の設備を設定して切り替えてくれます。

そのため、あなたの自宅に訪問しての工事等はありません。

STEP
インターネット接続(切り替え完了後)
光回線のONU

光回線の切り替えが終了したら、自宅のルーター等の設定を行います。

基本的には、事前に送付された設定マニュアルを見ながら設定しますが、よっぽど設定に苦手意識がない限りは、問題なく設定できると思います。

もし、それでも不安な場合は、「無料の訪問サポート」を事前に依頼しておきましょう。

Wi-Fiレンタルルーターの申込方法

OCN(ドコモ光)のWi-Fiレンタルルーターの申し込み方法を解説します。

Wi-Fiルーター申込方法
  1. 前提として、ドコモ光(OCN)を申し込む
  2. 自宅に「開通のご案内」が郵送で届く
  3. 書面の手続きに沿ってWi-Fiルーターを申し込む
  4. 10日前後でWi-Fiルーターが届く

※詳しい手順や注意点はOCNページをご確認ください

続いて、インターネットやWi-Fiルーターの設定方法について解説します。

インターネットやWi-Fiの設定方法

OCN(ドコモ光)でインターネットを利用するための設定方法や、Wi-Fiレンタルルーターの設定方法について解説します。

STEP
機器を設置する

下記の図にある、①「回線終端装置(ONU)またはホームゲートウェイ」と②「市販ルータまたはWi-Fiレンタルルーター」をLANケーブルでつなげます。

ONUとWi-Fiルーターの設置位置
出典:ビッグローブ
STEP
インターネットの設定を行う

プロバイダから発行されたIDやパスワードを使ってインターネットに接続します。

設定方法については、下記をご確認ください。

STEP
ルーターのWi-Fiの設定を行う

OCN(ドコモ光)からWi-Fiルーターをレンタルしている場合は、同梱されているマニュアルをご確認ください。

STEP
パソコンやスマホのWi-Fi設定を行う

インターネットを利用したいパソコンやスマートフォンのWi-Fi設定をします。

SSIDおよび暗号化キーを確認して、パソコンやスマートフォンのWi-Fi設定を行う形となります。

SSIDおよび暗号化キーの確認

ご利用の無線LANルータ(親機)のネットワーク名(SSID)およびパスワード(暗号化キー)をご確認ください。

SSIDの記載場所
出典:ビッグローブ

SSIDとパスワードを確認できたら、端末の種類に合わせてWi-Fiの設定を行います。

細かな設定方法は下記のボタンをタップ・クリックしてください。

【番外編】ドコモ光とOCN光どっちがいい?

OCN光の新規申込は終了
2023年6月30日でOCN光の新規受付は終了となりました。そのため、下記の内容は参考としてご確認ください。

ドコモ光かOCN光かどっちが良いかでいうと、「ドコモ光」一択です。

これは、光回線の実質料金と呼ばれる、月額料金・初期費用・オプション料・スマホ割・キャッシュバック等を全て考慮した料金で比較した結果です。

光回線を選ぶ際は、この「実質料金」の安さがポイントなので覚えておきましょう。

光回線の実質料金とは

この実質料金をもとに、全スマホ会社と全光回線を徹底調査した結果は、下記の記事にまとめているのでこちらをご確認ください。

ドコモ光とOCN光はまったくの別物

ドコモ光の提供会社は「NTTドコモ」、OCN光の提供会社は「NTTコミュニケーションズ」です。

混乱すると思うので、表でまとめてみました。

ドコモ光OCN光
回線事業者NTTドコモNTTコミュニケーションズ
提供エリア全国全国
プロバイダ21社から選択
(OCNを含む)
OCNのみ
回線設備NTT回線
(光コラボ)
NTT回線
(光コラボ)
キャッシュバック最大38,000円なし
月額費用【マンション】
4,620円
【戸建て】
5,900円
【マンション】
3,960円
【戸建て】
5,610円
スマホセット割ドコモau
UQモバイル
BIGLOBEモバイル

ただし、どちらの光回線もNTT東西の光回線設備を使った「光コラボ回線」なので、通信品質には大きな違いはありません。

そのため、キャンペーンや月額料金も全て含めた「実質料金」が最もお得な光回線を選ぶようにしましょう。

プロバイダってなに?
プロバイダとは、光回線をインターネットに繋げる会社のことです。詳しくは「OCNの役割ってなに?」をご確認ください。

よくある質問

ドコモ光のOCNの役割ってなに?

OCNは、プロバイダの役割を果たしています。

プロバイダとは、光回線をインターネットに繋げる会社のことです。

例えば、自宅にドコモ光などの光回線を引いたとします。その後、ユーザーがパソコンなどでインターネットを利用するには、プロバイダーとも契約する必要があります。

ただし、最近では光回線を申し込んだら、自動でプロバイダも契約できるケースがほとんどです。

プロバイダの役割
出典:BBIQ

OCN(ドコモ光)の通信速度が遅い場合は?

OCN(ドコモ光)の通信速度が遅い場合は、下記の原因を疑ってみましょう。

v6プラス対応のWi-Fiルーターを使っていない

古いWi-Fiルーターだとv6プラスに対応していない場合があります。そのため、下記のサイトにアクセスしてIPv6接続されていない場合は、新しいWi-Fiルーターの購入をご検討ください。

IPv6接続されているか確認する(test-ipv6.com)

Wi-Fiルーターが古い

Wi-Fiルーターが古い場合は、Wi-Fiの通信規格も古く速度が出ない可能性があります。その際は、新しいWi-Fiルーターの購入をご検討ください。Amazonであれば7,000円前後で購入できます。

パソコンやスマホが古い

パソコンやスマホが古い場合も速度が遅くなる要因としてあります。「会社のパソコンは速度が速いんだけど、自宅のパソコンは遅い」ということであれば、パソコンの古さも疑ったほうがよいです。

Wi-Fiルーターの設置位置が悪い

Wi-Fiルーターとスマホなどの通信機器の間に遮蔽物があると、電波を正常に受信できない可能性があります。通信の妨げになっているものを退けるか、Wi-Fiルーターの設置位置を見直しましょう。

OCN(ドコモ光)が繋がらない・切れる場合は?

OCN(ドコモ光)が繋がらない・切れる場合は、下記の原因を疑ってみましょう。

電子レンジを使っていた

電子レンジを使っている間は、2.4Ghz帯の通信が一時的に途切れる場合があります。その際は5Ghz帯のWi-Fiを利用するか、電子レンジが止まった後に通信してみましょう。なお、Wi-Fiルーターの後ろに2.4Ghz帯と5Ghz帯ごとにSSIDが記載されているので、そちらを参考に接続してください。

Wi-Fiルーターが古い

Wi-Fiルーターが古い場合は、Wi-Fiの通信規格も古く速度が出ない可能性があります。その際は、新しいWi-Fiルーターの購入をご検討ください。Amazonであれば7,000円前後で購入できます。

Wi-Fiルーターの設置位置が悪い

Wi-Fiルーターとスマホなどの通信機器の間に遮蔽物があると、電波を正常に受信できない可能性があります。通信の妨げになっているものを退けるか、Wi-Fiルーターの設置位置を見直しましょう。

OCN(ドコモ光)の解約方法は?

OCN(ドコモ光)を解約する場合の手順は以下の通りです。

STEP
電話かドコモショップで解約手続きをする

OCNでは、ドコモ光の解約を受け付けていないため、ドコモインフォメーションセンターもしくはドコモショップにて解約手続きを行う必要があります。

ドコモインフォメーションセンター

電話番号:0120-800-000(一般電話などから)

(局番なし)151(ドコモの携帯電話から・通話料無料)

受付時間:9:00~20:00

STEP
モデムやWi-Fiレンタルルーターを返却する

Wi-Fiレンタルルーターのみ返却先はOCNになります。詳しくは解約時の案内に沿って機器類を返却しましょう。

OCN(ドコモ光)の問い合わせ先は?

OCN(ドコモ光)への問い合わせ先は、内容によって異なります。

問い合わせ内容窓口連絡先
契約前の相談ドコモ光0120-800-000
新規契約について
転用・事業者変更について
プロバイダ変更について
開通工事について
料金について
光電話・光テレビについて
NTT機器の故障について
解約の手続きについて
プロバイダの
問い合わせ
OCNOCNカスタマーズフロント
【受付時間】
10:00~19:00 (日曜日・祝日・年末年始を除く)
インターネット接続設定のお問い合わせ
10:00~17:00(年末年始を除く)
料金請求のお問い合わせ

9:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)
【連絡先】
0120-506506 (無料)
【URL】
https://s.ocn.jp/fd01

OCN(ドコモ光)の引っ越しの手続きは?

OCN(ドコモ光)の引っ越しの手続きの流れは下記のとおりです。

  1. ドコモ光に連絡して引っ越し手続きを実施
  2. 引っ越し先と引っ越し元の工事を行う

引っ越し手続きは、下記にご連絡ください。

ドコモインフォメーションセンター

電話番号:0120-800-000(一般電話などから)

(局番なし)151(ドコモの携帯電話から・通話料無料)

受付時間:9:00~20:00

ドコモ光の他のプロバイダからOCNに変更したいときは?

ドコモ光の他のプロバイダからOCNに変更したい場合は、下記のドコモインフォーメションセンターに連絡してください。

ドコモインフォメーションセンター

電話番号:0120-800-000(一般電話などから)

(局番なし)151(ドコモの携帯電話から・通話料無料)

受付時間:9:00~20:00

なお、変更した場合は事務手数料として3,300円かかるためご注意ください。

まとめ

ドコモ光のプロバイダであるOCNは、高機能Wi-Fiルーターを無料で提供している良いプロバイダでした。

しかし、全プロバイダで比較すると、「38,000円のキャッシュバック」や「最新の高機能Wi-Fiルーター」を提供している「GMOとくとくBB」が最もベストなプロバイダであることがわかりました。

そのため、光回線は「GMOとくとくBB」からドコモ光を申し込みましょう

selectia限定3.8万円キャッシュバック

Taku
インターネットアドバイザー
10年以上大手通信会社で働いてきた知識や経験を活かし、約100種類以上の光回線と申込窓口を3ヶ月かけて調査した結果をもとに、あなたにとって最もお得で満足度の高い光回線を教えます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次