home 5Gとドコモ光の違いを徹底比較!結局どっちの回線がおすすめ?

  • URLをコピーしました!

本ページでは一部広告を掲載しております

この記事はこんな人におすすめ
  • home 5Gとドコモ光の違いを知りたい
  • home 5Gとドコモ光でどっちがおすすめか知りたい
  • home 5Gとドコモ光のお得な申込窓口を知りたい

結論、home 5Gとドコモ光を比較した結果、ドコモ光」一択です。理由は、マンションは月額料金・キャッシュバック・スマホセット割など全ての金額を合計した「実質料金」が最も安く戸建て速度が速く安定しているためです。

しかし、いくつか注意点もあり、知らないと「38,000円のキャッシュバックが貰えなかった…」「無料のWi-Fiルーターが貰えなかった…」と後悔します。

この記事では、私が10年以上大手通信会社で働いてきた知識や経験を活かし、home 5Gとドコモ光の違いを比較した結果を徹底解説します。

目次

結論|home 5Gとドコモ光どっちがおすすめ?

結論から言うと、home 5Gとドコモ光を比較した結果、ドコモ光」一択です

理由は、マンションは月額料金・キャッシュバック・スマホセット割など全ての金額を合計した「実質料金」が最も安く戸建て速度が速く安定しているためです。

逆に戸建てでhome5Gを使うと、家族でインターネットすると速度が遅くてイライラする可能性がでてきます。さらに、戸建ての場合は部屋がいくつもあるため速度の遅さはより際立ってきます。

実質料金の比較

タイプ使っているスマホドコモ光home 5G
マンションドコモの場合
42,504円
(2年間合計)

74,400円
(2年間合計)
上記以外の場合
88,900円
(2年間合計)

100,800円
(2年間合計)
戸建てドコモの場合
戸建なら速度が速いドコモ光がおすすめ!!
129,600円
(3年間合計)

速度が出ないため戸建ではおすすめしません…
120,600円
(3年間合計)
上記以外の場合
戸建なら速度が速いドコモ光がおすすめ!!
189,220円
(3年間合計)

速度が出ないため戸建ではおすすめしません…
160,200円
(3年間合計)

詳細の比較結果は下記の通りです。

ドコモ光home 5G
料金月額
マンション:4,400円
戸建て:5,720円

4,950円
工事費
実質無料

端末代:実質無料
速度ダウンロード
275Mbps

179Mbps
アップロード
260Mbps

20Mbps
提供エリア
全国

全国
スマホセット割
最大1,100円/月割引

最大1,100円/月割引
解約金
最大14,300円

端末代71,280円の未払分
キャンペーンキャッシュバック
38,000円

18,000円
無料Wi-Fiルーター
無料レンタル
(最大4,804Mbps)
お得な申込窓口GMOとくとくBBGMOとくとくBB
注意事項特になし特になし

selectia限定3.8万円キャッシュバック

ここからは、料金や速度やキャンペーンなどそれぞれの観点から「ドコモ光」と「home 5G」を比較した結果を解説します。

料金比較|どちらもほぼ変わらない

home 5Gとドコモ光の料金を比較した結果、どちらも料金は大きく変わりませんでした

ドコモ光home 5G
月額料金マンション
4,400円

4,950円
戸建て
5,720円
工事費マンション
実質無料

端末代:実質無料
戸建て
実質無料
事務手数料
3,300円

0円
※割引後の1ギガの主要プランで比較

ここからは具体的に各光回線の料金について解説していきます。

月額料金

ドコモ光の月額料金

月額料金
マンション4,400円
戸建て5,720円
※1ギガプランの場合

home 5Gの月額料金

月額料金
4,950円

初期費用・工事費

ドコモ光

マンション戸建て
工事費22,000円22,000円
事務手数料3,300円3,300円

ドコモ光を契約すると、初期費用として上記の費用が必ずかかります。

ただし、現在ドコモ光では後ほど紹介する「新規工事料無料特典」を行っているため、工事費は完全無料になります。

home 5G

home 5Gは、工事不要のためそもそも工事費が発生しません。

その代わり、機器端末代がかかりますが、これはキャンペーンにより実質無料となります。

料金
工事費工事不要のため0円
機器端末代71,280円
⇒実質無料
機器割引キャンペーン

月々サポート割引を適用できます。

この割引によって端末代が相殺されます。

月々1,980円(税込)割引 × 36ヶ月間 = 実質71,280円(税込)割引

別途契約事務手数料3,850円が必要です。

詳しくは「月々サポート」をご確認ください。

selectia限定3.8万円キャッシュバック

速度比較|ドコモ光が圧倒的に速い

home 5Gとドコモ光の速度を比較した結果、ドコモ光の方が速度が速いです

home 5Gは、光ケーブルではなく携帯の電波を使って通信するため、ドコモ光と比較すると速度が遅いです。

ドコモ光home 5G
ダウンロード速度
275Mbps

179Mbps
アップロード速度
260Mbps

20Mbps
Ping値
(通信ラグの値)

18.3ms

53.2ms
IPv6対応
対応

対応
出典:みんなのネット回線速度

ここからは具体的に各光回線の速度について解説していきます。

ダウンロード速度(実測値)

ダウンロード速度(実測値)で見ると、多くの時間帯でhome 5Gの方が速いですね。

ドコモ光home 5G
366.26Mbps185.99Mbps
327.18Mbps108.39Mbps
夕方303.83Mbps135.45Mbps
247.4Mbps146.95Mbps
深夜362.6Mbps178.05Mbps
出典:みんなのネット回線速度

アップロード速度(実測値)

アップロード速度(実測値)で見ると、多くの時間帯でドコモ光の方が速いですね。

ドコモ光home 5G
305.07Mbps19.12Mbps
319.87Mbps13.61Mbps
夕方292.06Mbps16.81Mbps
271.4Mbps18.29Mbps
深夜313.12Mbps21.29Mbps
出典:みんなのネット回線速度

Ping値(実測値)

オンラインゲームなどのラグに関係するPing値(実測値)は、home 5Gの方は朝・昼のPing値が低くラグが少ないですね。

しかし、どの時間帯もドコモ光とそこまで差がないため、あまり気にするほどではないです。

ドコモ光home 5G
18.03ms47.61ms
17.82ms51.35ms
夕方18.25ms54.66ms
20.64ms58.13ms
深夜17.76ms47.31ms
出典:みんなのネット回線速度

IPv6対応

ドコモ光もhome 5Gも、通信が混雑しにくい通信規格「IPv6接続」に対応しています。

ドコモ光home 5G
IPv6
対応

対応
注意点特になし特になし

selectia限定3.8万円キャッシュバック

提供エリア比較|どちらも全国で利用できる

home 5Gとドコモ光の提供エリアを比較した結果、どちらも全国で利用できます。

そのため、ドコモ光もhome 5Gも全国どこでも利用できる可能性は高いです。

ドコモ光home 5G
対応エリア
【対応エリア】
全国

【対応エリア】
全国

ここからは具体的に各光回線の提供エリアについて解説していきます。

ドコモ光の提供エリア

ドコモ光は、戸建てタイプ・マンションタイプともに下記のエリアで提供しています。

提供エリア
  • 北海道:北海道
  • 東北:青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島
  • 関東:東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木
  • 信越:新潟、長野
  • 中部:静岡、愛知、岐阜、三重、山梨
  • 北陸:石川、富山、福井
  • 関西:大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
  • 中国:鳥取、岡山、島根、広島、山口
  • 四国:香川、徳島、愛媛、高知
  • 九州:福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島
  • 沖縄:沖縄

実際に自分の住んでいるマンションや戸建で利用できるかは、下記のエリア検索ページから確認できます。

※ドコモ光はNTTの光回線を使った「コラボ光」であるため、住んでいる場所がNTTの東日本エリアか西日本エリアかによって検索ページが異なります。

エリア検索(NTT東エリア)
※NTT東エリアとは、新潟、長野、山梨、神奈川から東の17都道県

エリア検索(NTT西エリア)
※NTT西エリアとは、富山、岐阜、静岡県から西の30府県

home 5Gの提供エリア

home 5Gの提供エリアは、全国で提供しています。

提供エリア
  • 北海道:北海道
  • 東北:青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島
  • 関東:東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木
  • 信越:新潟、長野
  • 中部:静岡、愛知、岐阜、三重、山梨
  • 北陸:石川、富山、福井
  • 関西:大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
  • 中国:鳥取、岡山、島根、広島、山口
  • 四国:香川、徳島、愛媛、高知
  • 九州:福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島
  • 沖縄:沖縄

ただし、山奥など一部エリアでは提供できない場合もあります。

下記のエリア検索から、自分の住んでいる場所を検索してみましょう。

home 5Gのエリア検索

selectia限定3.8万円キャッシュバック

スマホセット割比較|どちらも約1,100円引き

home 5Gとドコモ光のスマホセット割を比較した結果、どちらもドコモとのスマホセット割で月額が約1,100円ほど割引されます。

ドコモ光home 5G
対象スマホ・ドコモ・ドコモ
月額割引額
【ドコモ】
最大1,100円割引

【ドコモ】
最大1,100円割引
注意点なしなし

ここからはスマホセット割について解説していきます。

ドコモの「セット割」

ドコモのスマホセット割は、「ドコモ光」と「ドコモのスマホ」をセットで利用することで、スマホ1台あたりに適用されます。

例えば、家族4人がギガライトで5GBを使っていれば、毎月1,100円×4人=4,400円も割引されます。

なお、スマホセット割は家族が離れて暮らしていても適用されます。

注意:ドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」は、セット割の対象外

スマホセット割の料金プラン

「eximo」「irumo」

料金プラン月額割引額
eximo-1,100円
irumo0.5GB
3GB-1,100円
6GB-1,100円
9GB-1,100円

旧プラン

ギガプラン月額割引額
・5Gギガホ プレミア
・5Gギガホ
・ギガホ プレミア
・ギガホ
・5Gギガライト/ギガライト(~5GB/~7GB)
1,100円
5Gギガライト/ギガライト(~3GB)550円
出典:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/hikari_set/
旧契約プラン月額割引額
ウルトラシェアパック1003,850円
ウルトラシェアパック503,190円
ウルトラシェアパック302,750円
ベーシックシェアパックステップ4(~30GB):1,980円
ステップ3(~15GB):1,980円
ステップ2(~10GB):1,320円
ステップ1(~5GB):880円
ウルトラデータLLパック1,760円
ウルトラデータLパック1,540円
ベーシックパックステップ4(~20GB):880円
ステップ3(~5GB):880円
ステップ2(~3GB):220円
ステップ1(~1GB):110円
出典:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/hikari_set/

解約金比較|ドコモ光は解約金が安い

home 5Gとドコモ光の解約金を比較した結果、ドコモ光の方が解約金は安いです。

なお、2022年7月から法律が変わり、ドコモ光は解約金が下がっています。

2022年7月以降に光回線を契約した人は、安い解約金が適用されます。

光回線契約日タイプドコモ光home 5G
2022年6月30日以前マンション
8,800円

36ヶ月以内に解約の場合、端末代71,280円の未払分
戸建て
14,300円
2022年7月1日以降マンション
4,400円
戸建て
5,500円
※主要プランを例に比較

ここからは具体的に各光回線の解約金について解説していきます。

ドコモ光の解約金

ドコモ光は2年定期契約プラン(2年縛りプラン)を契約している場合、下記の「契約更新月」に解約しないと解約金がかかります。

解約しても解約金がかからないのは、下記の3ヶ月間です。

契約更新月(2年後の場合)
  1. 満了月(24ヶ月目)
  2. 満了月の翌月(25ヶ月目)
  3. 満了月の翌々月(26ヶ月目)
光回線の自動更新期間の解約タイミング

また、解約金は、ドコモ光を契約した時期と解約したプランによって異なります。

契約日プラン解約金
(マンション)
解約金
(戸建て)
2022年6月30日以前定期契約なしプランなし
2年定期契約プラン8,800円14,300円
2022年7月1日以降定期契約なしプランなし
2年定期契約プラン4,180円5,500円

なぜ、2022年7月からこの解約金が安くなったかというと、電気通信事業法改正に伴い「解約金は月額利用料1ヶ月分を上限とすること」となったためです。

そのため、全ての光回線事業者はこの解約金を見直すこととなりました。

home 5Gの解約金

正確に言うと、home 5Gは解約金はありません。

解約金がない代わりに、解約の際にhome 5Gの機器代金の支払いの残債を一括で支払う必要があります。

機器代金の支払い(36回払い)

月々1,980円 割引 × 36ヶ月間 = 実質71,280円 割引

もちろん、home 5Gを37ヶ月以上利用して、機器代金をすべて支払っている場合は、解約の際に費用はかかりません。

selectia限定3.8万円キャッシュバック

キャンペーン比較|ドコモ光の方がお得

home 5Gとドコモ光のキャンペーンを比較した結果、ドコモ光」の方がお得です。

なぜなら、他社回線から乗り換える際に発生する違約金や工事費残高等を最大15,000円まで負担してくれるためです。

キャンペーンドコモ光home 5G
キャッシュバック
(マンション)

38,000円

18,000円
キャッシュバック
(戸建て)
乗り換えキャッシュバック
最大15,000円

最大22,000dポイント
工事費特典
実質無料

端末代:実質無料
無料Wi-Fiルーター
無料レンタル
(最大4,804Mbps)

selectia限定3.8万円キャッシュバック

ここからは具体的に各光回線のキャンペーンについて解説していきます。

キャッシュバック

home 5Gとドコモ光のキャッシュバックを比較すると、ドコモ光のキャッシュバックの方が少しお得です。

ドコモ光home 5G
キャッシュバック額
(マンション)

38,000円

18,000円
キャッシュバック額
(戸建て)
受取時期4ヶ月後4ヶ月後
申請方法WEBWEB
その他条件特になし特になし
※他キャンペーンを併用した場合

selectia限定3.8万円キャッシュバック

なお、受取時期を忘れそうな場合は、下記のリマインダー登録をしておけばキャッシュバックの貰い忘れを防ぐことができます。

乗り換えキャンペーン

home 5Gとドコモ光の乗り換えキャンペーンを比較すると、home 5Gの方が高額キャッシュバックを実施していました。

この乗り換えキャンペーンを適用することで、今使っている回線を解約した際に発生する「違約金」や「工事費残債」などを代わりに負担してくれます。

ドコモ光home 5G
キャッシュバック額
最大15,000円

最大22,000dポイント
その他条件・他社解約金の請求書提出が必須・他社解約金の請求書提出が必須

selectia限定3.8万円キャッシュバック

工事費無料

home 5Gとドコモ光の工事費無料キャンペーンを比較すると、どちらも工事費は完全無料となります。

ドコモ光home 5G
工事費無料特典
(マンション)

最大22,000円
⇒実質無料

端末代71,280円
⇒実質無料
工事費無料特典
(戸建て)

最大22,000円
⇒実質無料
その他条件特になし特になし

selectia限定3.8万円キャッシュバック

無料Wi-Fiルーター

home 5Gとドコモ光の無料Wi-Fiルーターキャンペーンを比較すると、ドコモ光だとWi-Fiルーターが無料で貰えます。

ドコモ光home 5G
料金
無料レンタル
最大通信速度4,804Mbps
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(Wi-Fi4~6対応)
最大端末台数80台
ルーター機種
(代表的な機種)
[TP-Link]
Archer AX5400
※上記以外の機種もあります

なお、上記のWi-Fiルーターは代表的な機種を例に挙げましたが、その他の機種が送られてくる可能性もあります。

ただし、機能に大きな差はないためご安心ください。

selectia限定3.8万円キャッシュバック

ドコモ光やhome 5Gの申込窓口を徹底比較

光回線は、「どこで申し込むか」によってキャッシュバックやキャンペーン内容が大きく異なります。

そのため、申込窓口を誤ると数万円ほど損します

ここからは具体的に各光回線のお得な申込窓口について解説していきます。

ドコモ光のお得な申込窓口

1位は、お得なキャンペーンで有名な「GMOとくとくBBでした。

理由は、キャッシュバック額が高く高機能Wi-Fiルーターも無料で使えることが大きな要因です。

ドコモ光のキャンペーン窓口

←左右にスクロールできます→

申込窓口キャッシュバック(新規)高機能Wi-Fiルーター工事費他社違約金負担モバイルWi-Fi
GMOとくとくBB
38,000円

無料

無料

15,000円

無料
ドコモオンラインコンシェルジュ
(代理店)

10,000円

無料

無料

15,000円

無料
NNコミュニケーションズ
(代理店)

25,000円

無料

無料

15,000円

無料
wiz
(代理店)

20,000円

無料

無料

15,000円

無料
nifty
(プロバイダ)

20,000円

無料

無料

15,000円

無料
OCN
(プロバイダ)

37,000円

無料

無料

15,000円

無料
公式サイト
20,000円

無料

無料

15,000円

無料
TikiTiki
(プロバイダ)

20,000円

無料

無料

15,000円

無料
DTI
(プロバイダ)

11,000円

無料

無料

15,000円

無料
BB.excite
(プロバイダ)

10,000円

無料

無料

15,000円

無料
ネットナビ
(代理店)
2024年4月30日で新規申込終了
ディーナビ
(代理店)
2024年4月30日で新規申込終了
※指定オプションが不要な特典額で比較

selectia限定3.8万円キャッシュバック

GMOとくとくBB」の特徴や評判については、下記の記事をご確認ください。

home 5Gのお得な申込窓口

home 5Gのお得な申込窓口は「GMOとくとくBB」一択です。

公式サイトや他の代理店だとキャッシュバック額が少ないため注意してください。

home 5Gのキャンペーン窓口

←左右にスクロールできます→

申込窓口キャッシュバック(新規)端末代他社違約金負担
GMOとくとくBB
18,000円

実質無料

最大22,000円
公式サイト
15,000円

実質無料

最大22,000円
NNコミュニケーションズ
10,000円

実質無料

最大22,000円

まとめ

結論、home 5Gとドコモ光を比較した結果、ドコモ光」一択です。理由は、マンションは月額料金・キャッシュバック・スマホセット割など全ての金額を合計した「実質料金」が最も安く戸建て速度が速く安定しているためです。

また、キャッシュバックは申込窓口によって数万円異なります。

そのため、光回線は下記の最もお得な申込窓口から申し込みましょう。

selectia限定3.8万円キャッシュバック

Taku
インターネットアドバイザー
10年以上大手通信会社で働いてきた知識や経験を活かし、約100種類以上の光回線と申込窓口を3ヶ月かけて調査した結果をもとに、あなたにとって最もお得で満足度の高い光回線を教えます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次